041234567891011121314151617181920212223242526272829303106

DV 暴力、そしてサポートすることについて深く深く考えた。

昨夜は大阪弁護士会館会議室で
シングルマザーとこどものサポーター養成講座」第2回目の「DVを正しく知ろう」だった。

この講座は、
大阪社保協単独で主催するのではなく、
今年春から一緒に大阪のこどもの貧困問題にともに取り組んでいる
大阪こどもの貧困アクショングループ(CPAO)のメンバーのみなさんや
5月に取り組んだ大阪市生活保護行政問題全国調査団のメンバーのみなさんと
「シングルマザーサポートブック」づくりや、こうした講座の相談をしながら
大阪でのシングルマザーとこどもの支援をどうすればすすめていけるかを考えながら開催している。

11月から4月まで、毎月第3水曜日の6時半から8時半まで、
大阪弁護士会の920号室で系統的に学ぶこととしている。

この活動はうれしいことに、
いろんな方が、自主的に集まってきてくださっているので、
幅広く、やる気にみちていて楽しい。
参加者も相対的に若いのも特徴。
そして何よりもアイデアがあり、行動力がすごい人たち。

っで、昨日の「DVを正しく知る」。

講師の芦田麗子さんも、
5月の大阪市生活保護行政問題全国調査団に参加していただいた方で、
当日、ランチをしながらシングルマザーサポートブックをつくりたいのだという話をしたら、
ぜひ一緒に参加したいと言ってくださった方。

そして、ご自身が10数年、大阪のDVサポートグループコスモで中心的に活動されていた方だと後でしり、
この養成講座でぜひ講師をしていただきたいとお願いした。

そして、昨夜の講義。

かつて、生野学園のサポーターをしていたこともあるけれど、
その時でさえ、DVについての学習などはしたことがなかったので、
今回が初学習。
そして、目からうろこの2時間だった。

暴力とは「人が他人または自分の心と身体を深く傷つけること」(森田ゆり)

DVとは、夫婦や恋人など親しい関係において、
一方が他方を支配することを目的としてふるわれる暴力。
このとき、暴力はコントロールするための手段として使われる。

理屈では分かっても、
自分自身が「暴力を受けている」と自覚することが非常に難しいという。

それは、相手が少なくとも自分が愛した人、自分が選んだ人、であり、
その行為が自分を傷つけるために行われてるとは認めたくないから。

芦田さんの教え子は暴力を受けていても
「暴力的なコミュニケーション」と表現していたらしい。

私も何人かのシンママさんから夫からのDVについて話を聞いているけれど、
やはり、そのすべてのケースは妻を支配しようとするために行っている。
そして、暴力をふるいながら、妻を罵る。徹底的に罵声を浴びせる。
だから、「自分がわるいから夫に暴力をふるわれるのだ」と思うのだそうだ。

暴力のサイクル理論というのはシンママさんからもよく聞いていて、
暴力のあと、めちゃくゃ優しくなったり、泣いて謝ったりする、と。
だから、またそのDV夫や恋人にもどってしまうと。

私は、芦田さんの話の中で一番心に残ったのは、

「暴力は人権侵害」
「どんな暴力であっても、暴力は悪い」
「ささいなものなどとして、線を引いてはいけない」
「線は必ず拡大していく」

そして、さらにコミュニケーション技術やサポーターの注意点などについても学んだ。

サポーターとしての注意点。
サポーターがさらに当事者を傷つけないためには必須事項なので、
以下列記します。

(1)DVは個人的な問題ではなく社会的な問題である。
(2)自分でできることとできないこととを認識する。できないことは悪いことではない
(3)ひとりで抱え込まず、ネットワーク、仲間を大切にする
(4)暴力はどんなものであれよくないものであるという認識を常に持つ
(5)被害者像、加害者像をもつことは危険である。
(6)サポーターによる二次被害の危険性を自覚する
(7)当事者の意思を尊重し、当事者にとっての問題解決を大切にする
(8)違いはまちがいではなく、違うことは悪いことではない
(9)相手との関係は対等な関係であることを認識する
(10)相手を他者として認め、相手をコントロールしようとしない
(11)「どんな人のどんな言動にもその人なりの理由がある」と相手の立場に立って考える
(12)相手とのコミュニケーションをとることを忘れない
(13)言葉だけでなく表情や声のトーン、その場の状況からトータルに理解する
(14)憶測で判断せず、相手が伝えたいことを確認することが大切である
(15)人間は感情的な生き物であることを忘れず、自分の感情を自覚し、行動する
(16)人間は誰もがかげがえのない存在であることを忘れない

うーん。本当に深いですよね。

芦田さん、本当にすばらしい講義をありがとうございました。

昨日の学びをみなさんにもお知らせしたくて書きました。
スポンサーサイト

プロフィール

crecre

Author:crecre
大阪の社会保障のことなら何でもまかせて・・・といえるようになりたいと日々勉強勉強
大好きなものは・・・
着物、旅行、露天風呂、読書、映画、足つぼマッサージ、料理(なんでも作ります。特にパスタははっきりいって、そのへんのイタリアンには負けませんし、時間さえあればピザも生地から、餃子も皮からつくります。煮物も大得意です。最近パンも焼いています)
大好きな人たちとの楽しいおしゃべり+美味しいお料理。
表計算ソフトのエクセル・統計が大好きです。
大切なものは・・・もちろん2人の息子、そして三匹のにゃんず。
性格は・・・非常に前向き、後ろは殆ど振り向きません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー&アーカイブ(Tree)

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

+ アーカイブ
 

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク