091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

5月31日近畿社会保障学校テーマは子どもの貧困!!ぜひご参加を!

全国47都道府県に社会保障推進協議会があり、
ブロックを作っています。

その中でも近畿ブロック(近畿2府4県の社保協)は
近いこともあり、2か月に1回ほどの事務局会議をしながらずっと交流、
お互いに連携しながら近畿での社会保障運動をすすめています。

一昨年は神戸、去年は京都で開催した
近畿社会保障学校を
今年は大阪で開催することとなりました。

内容は以下です。
どなたでもご参加いただけます。

チラシはこちら
お弁当付ですので、必ず事前申し込みをお願いします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
第3回近畿社会保障学校
~子どもの貧困に向き合い地域でできることを考えよう~


こどもの貧困をめぐっては2013年6月「子どもの貧困対策推進法」が成立しました。
2014年8月には「子どもの貧困対策に関する大綱」が閣議決定されました。
大綱では、「子どもの将来が生まれ育った環境に左右されず、
貧困が世代を超えて連鎖することのないよう、
必要な環境整備と教育の機会均等を図る対策は極めて重要だ」として、
教育や生活の支援などに取り組むとしており、
この大綱を受け、各都道府県は貧困対策計画をまとめる努力義務が課せられますが、
京都府以外ではいまだこれといった動きは見られません。
各市町村では、横断的な担当課さえ設置されていないというのが現状です。

子どもの6人に1人が貧困という現状の中、
私たち社保協はいま地域で何ができるのでしょうか。
今年の近畿者社会保障学校では、
「子どもの貧困」について正しく学び、
そして地域で何ができるのかを考えあおうと企画しました。
ぜひご参加ください。

★日時 2015年5月31日(日)10時30分~16時

★会場 大阪民医連

★企画 テーマ「子どもの貧困に向き合い地域で出来ることを考えよう」
 
□記念講演①(10時35分~12時05分).
「医療と子どもの貧困」武内一さん(佛教大学教授・小児科医師) 
□記念講演②(13時~14時)
「シングルマザーと子どもたちの現状といま必要な支援について」     
    徳丸ゆき子さん(大阪子どもの貧困アクショングループCPAO代表)  
□指定報告(14時~)
①学習支援  しが健康友の会 会長 坂下久喜さん
②子ども食堂 羽曳野チルドレンサポート 仲野浩司郎さん
③京都府の子供の貧困大綱具体化の取り組み
□ワークショップ「地域でできることを考えよう」

★参加費・資料代(弁当代込)2000円
★規模 150人
★主催 社保協近畿ブロック懇談会
      事務局 大阪社保協 osakasha@poppy.ocn.ne.jp
★申込 資料印刷の関係上必ず事前に以下の内容明記の上メールで申し込んでください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
第3回近畿社会保障学校 申込書
 ふりがな 
□氏名                (大阪・兵庫・京都・奈良・和歌山・滋賀)
□団体・職場名                        
□連絡先 Tel                 fax

スポンサーサイト

プロフィール

crecre

Author:crecre
大阪の社会保障のことなら何でもまかせて・・・といえるようになりたいと日々勉強勉強
大好きなものは・・・
着物、旅行、露天風呂、読書、映画、足つぼマッサージ、料理(なんでも作ります。特にパスタははっきりいって、そのへんのイタリアンには負けませんし、時間さえあればピザも生地から、餃子も皮からつくります。煮物も大得意です。最近パンも焼いています)
大好きな人たちとの楽しいおしゃべり+美味しいお料理。
表計算ソフトのエクセル・統計が大好きです。
大切なものは・・・もちろん2人の息子、そして三匹のにゃんず。
性格は・・・非常に前向き、後ろは殆ど振り向きません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー&アーカイブ(Tree)

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

+ アーカイブ
 

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク