0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

宝塚市の学校給食の歴史から学ぶ~自校給食をあきらめてはいけない

大阪社保協の自治体キャラバン行動では、
子ども施策を重要課題にしています。

その中で、中学校給食は子どもの貧困対策の柱と考えています。

大阪ではずっとほとんどの自治体で中学校給食がなかったんです。

私は兵庫県の西宮市と宝塚市でそだったのですが、
私が子ども時代、
そうもう40年以上まえから、
二つの自治体では中学校給食がありました。

私の母はお料理の先生。
先週、実家に帰ったのですが、
三田市はいま、市長選挙と市会議員補欠選挙。
ある市長候補の演説会に行くというので色々聞くと、
とにかく学校給食の充実を図ってほしいと申し入れているのだと。

母は、食育の話を三田市内の学校や教育委員会で講演することも多く、
給食試食会にも参加していて、
学校給食にとても詳しいのです。

それで、大阪の中学校給食は自校方式は殆んどなく、
センター方式はまだましで、
デリバリー方式、ランチボックス方式と言う名前の
業者弁当のところも沢山ある、と言う話をしわけです。

母いわく、信じられないと。なんと子どもを大切にしないのかと。

そして、私が育った宝塚市の学校給食の話になり、
いまとても良くなって入るのでホームページご覧なさい、と。
母いわく、女性市長の中川さんになってものすごくよくなったと。

宝塚市の学校給食のホームページをみると、
学校給食の歴史のページがありました。

それをみると、
ちょうど私や妹が中学生のころ、自校式から業者委託になったときだったのですね。

でも、それから変遷して、
いまは炊飯も含め自校方式になっているんですね。

こくの宝塚の歴史をみていたら、
「ランチボックス方式になってしまった」とあきらめることなく、
変えていくことができるのだと勇気がわきますね。

宝塚市の学校給食について、レクチャーうけにいきたいな。

宝塚市、すごいです。





スポンサーサイト

プロフィール

crecre

Author:crecre
大阪の社会保障のことなら何でもまかせて・・・といえるようになりたいと日々勉強勉強
大好きなものは・・・
着物、旅行、露天風呂、読書、映画、足つぼマッサージ、料理(なんでも作ります。特にパスタははっきりいって、そのへんのイタリアンには負けませんし、時間さえあればピザも生地から、餃子も皮からつくります。煮物も大得意です。最近パンも焼いています)
大好きな人たちとの楽しいおしゃべり+美味しいお料理。
表計算ソフトのエクセル・統計が大好きです。
大切なものは・・・もちろん2人の息子、そして三匹のにゃんず。
性格は・・・非常に前向き、後ろは殆ど振り向きません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー&アーカイブ(Tree)

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

+ アーカイブ
 

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク