0312345678910111213141516171819202122232425262728293005

子ども時代に何を食べたかが決定的に大事

もともと、料理は好きでした。

母がお料理好きな主婦で、
母はそれが高じて料理研究家になり、現在に至るわけですが、

そういう料理上手な母親に育てられたので、
家にはいつもおいしい料理ができていて、
そして私も自然と料理をするようになりました。

小学生のころには自宅で手作りピッツアを食べていましたし、
(大学生になるまでピッツアとピザが同じものだと知りませんでした・・・)
クリスマスやお誕生日にはもちろん手作りケーキがありましたし、
遠足や修学旅行のおやつも手作りクッキーを持って行っていました。
基本、毎日のおやつは母の手作りでした。

中学生の時に、クラスの半分の女子たちが我が家に来て
「手作りシュークリーム教室」をしたときのことも昨日のように覚えています。

でも、それはとても恵まれた食の環境だったということを
このごろ、ことさらに思います。

実家では私は特段料理上手という評価ではありませんが、
世の中的には、相当料理ができる、上手だということのようです。

とりあえず、時間さえあればなんでも作りますしできます。

これは、いろんなものを子どものときに食べてきたということが大きいと思うのです。

舌と鼻と目と手が、覚えているのですね。

料理で五感で作るといいますが、
まさにこれは経験がなければできないものなのだと思うのです。

ですから、子ども時代に何を食べたかというのが
その人の一生の食を左右すると思うので、
子どもの食の支援で、
おいしい手作りの料理を食べるということは
単に「おいしい」という感情だけでなく、
その子の一生を左右するほどに大事なものではないかと思うのです。
スポンサーサイト

プロフィール

crecre

Author:crecre
大阪の社会保障のことなら何でもまかせて・・・といえるようになりたいと日々勉強勉強
大好きなものは・・・
着物、旅行、露天風呂、読書、映画、足つぼマッサージ、料理(なんでも作ります。特にパスタははっきりいって、そのへんのイタリアンには負けませんし、時間さえあればピザも生地から、餃子も皮からつくります。煮物も大得意です。最近パンも焼いています)
大好きな人たちとの楽しいおしゃべり+美味しいお料理。
表計算ソフトのエクセル・統計が大好きです。
大切なものは・・・もちろん2人の息子、そして三匹のにゃんず。
性格は・・・非常に前向き、後ろは殆ど振り向きません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー&アーカイブ(Tree)

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

+ アーカイブ
 

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク