0812345678910111213141516171819202122232425262728293010

来年4月以降、大阪市の要支援新規利用者は無資格ヘルパーしか使えない!!

 9月7日、大阪社保協は、大阪市と新総合事業問題で交渉(協議)を行いました。
大阪市は審議会(大阪市社会福祉審議会高齢者福祉専門分科会)で、
訪問型サービスについて、「現行相当」と「緩和型」(無資格サービス)との振り分け基準案を示していました。
今回の交渉はこれに絞ったものでした。
大阪市側から佐藤高齢福祉課長代理ら2名、
大阪社保協側から井上会長をはじめ市内ブロックや介護事業者ら約20名が参加しました。

交渉は、大阪市が7月27日の審議会に示した訪問型サービスの「判定案」をめぐって行われました。

【参考】
2016年7月27日大阪市社会福祉審議会高齢者福祉専門分科会で示された「現行相当型サービス利用判定基準」
①新総合事業移行前に既に介護予防訪問介護を利用している人は「現行相当サービス」が利用できる。
②新規利用者は
1)「認知症高齢者の日常生活自立度」ランクⅡ(日常生活に支障のある認知症)以上
2)「障害高齢者の日常生活自立度」ランクB(ベッド生活中心で車椅子利用)以上
の人でないと「現行相当サービス」は利用対象とならない
 それ以外の人が「現行相当サービス」(訪問型)を利用するには、「大阪市サービス判定会議」(月1回、事務局 大阪市高齢福祉課)の判定を受けなければならない

☆現行相当サービスを利用できる人の見込み数

大阪市が、7月27日の大阪市社会福祉審議会高齢者福祉専門分科会で説明していた
「現行相当サービスの対象となる方は4割程度」の根拠として大阪市は「調査資料」を示しましたが、
なんとたった100件の要支援認定者のデータで、
しかもまったく「任意」に調査したというものでした。

約6万人もの要支援認定者の中から「適当」に百人選んだというもので、
きわめていい加減と言わざるを得ないものです。

【大阪市提出資料の概要】
調査件数 100件
○認知症・コミュニケーション課題
・主治医意見書  認知症自立度 Ⅱ以上またはM  20件
・認定調査票(視力、聴力、意思伝達、短期記憶、介護への抵抗、日常の意思決定)5件
・主治医意見書(認知症周辺症状、その他の精神神経症状)11件
○身体介護の必要性
・主治医意見書 障がい自立度B以上  8件
・認定調査票(歩行、移動、えん下、食事摂取、排尿、排便)4件
※一部重複該当あり

大阪市「調査資料」の各該当の件数を合計すると調査件数100に対する比率では「48%」になりますが、
多くが重複しており、実数はまったく不明です。
交渉の中で大阪市に「重複しない実際の割合」を質問しても「分からない」という返答でした。

★大阪社保協調査では、10%台

大阪社保協では8月に大阪市内の居宅介護支援事業所約1300カ所に対し、
要支援の利用者の主治医意見書の自立度記載内容調査を依頼し、
338事業所から8,052人のデータが集計されました(回収率26%)。

その結果は
・認知症自立度Ⅱ以上 16.0%
・障害自立度B以上   4.8% 
であり、大阪市調査を大きく下回るものでした。

二つの自立度は重複する人もいることも考慮すれば
大阪市の「振り分け基準」で現行相当サービス(ヘルパー)を利用できる人はせいぜい10数%に過ぎません。

アンケート用紙と結果は大阪社保協ホームページにアップしています

大阪市が、7月27日の社会福祉審議会高齢者福祉専門分科会で説明した
「4割程度」という数字が全く根拠のないものであることが明らかになりました。

★根拠ない「4割程度」、開き直る大阪市の不誠実さ

ところが、交渉ではこの点について
「振り分け基準は、調査をもとにしたものでない。」
「振り分け基準は地域包括支援センターの意見を聞いて作った。」
「調査はどのくらいになるか確認のためにしただけのもの」
と開き直りました。

大阪社保協側は、
「審議会に委員に4割と説明して了承を得ながらその根拠がないというのは問題だ」
「振り分け基準をつくるのに実質的に予防プランの多くを担当しているケアマネジャーの意見をまったく聞いていない」
と指摘しました。

「自立度Ⅱまたは自立度B以上などという基準は到底認められない。
総合事業のサービス利用の在り方についてはケアマネジャーと介護事業所の意見を聞いて検討しなおすべき」
と迫りましたが、大阪市は「意見として承ります」としか返答しませんでした。

★パブコメ対象にも入れず聞く耳持たない大阪市の悪質さ

また、現在行っている大阪市総合事業実施要綱案等の意見募集(8月25日~9月23日)で、
この「振り分け案」についてまったく記載がなくパブリックコメントの対象になっていないことについて、
大阪市は「サービスの類型等は要綱で定めるが、
振り分け案は大阪市が委託している予防ケアマネジメントの内容の問題なので
パブリックコメントの対象としていない」とまったく意見を聞く姿勢を示しませんでした。

★「介護予防ケア会議(仮称)」

大阪市の説明では、
基本的な枠組みは7月21日の社会福祉審議会高齢者福祉専門分科会に示した通りですが
「判定会議」ではなく、「介護予防ケア会議(仮称)」と変更し、
専門的な知見を有する方々からの「意見を聞く場」として開催し、
これを踏まえて地域包括支援センターが判断するとしました。

具体的には、
その利用者の「アセスメント表」「地域包括支援センターの意見書
「ケアマネジャーの理由書」「主治医意見書」「介護予防プラン」などを提出して意見を聞くというものです。

★新規利用者の大半はヘルパーが利用できない!

交渉の中で、大阪市は現在要支援でヘルパーを利用している人については
「平成29年3月31日利用者に対する経過措置」として、
その後もヘルパーは利用できることは明言しましたが、
新規利用者については、「振り分け基準」に固執しました。

このままでは、新規利用者の大半は、
ホームヘルパーによるサービスが利用できず、
無資格ヘルパー(生活援助型・報酬25%ダウン)しか利用できなくなることになります。

★訪問介護事業者は報酬大幅ダウンに!!

また、訪問介護事業者からすれば、総合事業実施以後、
新規の利用者を受け入れようとすれば、
報酬25%ダウンの「生活援助型訪問サービス」に参入せざるを得ません。

しかし、わずか12時間程度の「研修受講者」が新規利用者に対するサービスが担えない場合は、
有資格者のヘルパーが訪問せざるを得ず、
事業者は大幅な減収になり、ヘルパーの賃金も下がりかねません。

こうした点について、大阪社保協は
「たった12時間の研修受講者が新規利用者の訪問を担当できると思うのか」
「大阪市は事業所をつぶす気なのか」と追及しましたが、
大阪市からはまともな返答はなく
「参入いただいた事業所さんにやっていただきます」と答えるだけでした。

★交渉で明らかになったこと

○事業者について
・総合事業に関して「事業者説明会」9月25日、29日、30日に開催。
・訪問型、通所型サービスとも、現行相当を含めて「指定手続き」(簡易なもの)が必要
・報酬変更に関する説明会も来年2月~3月に行いたいがホームページによる掲載になるかもわからない

○無資格者の「研修」について
・生活援助型訪問サービスの提供者の「研修」 本年12月~来年3月 実施
・研修時間は12時間+アルファ 内容は大阪府のワーキンググループで決定するが生活援助サービスを提供するための基礎知識。研修実施事業者は現在入札中。大阪市内在住・勤務予定者が対象で受講費用は「無料」
・それに加えて必要になってくる研修は各事業所で実施

★9月23日までのパブコメに意見を出そう!!

現在、「大阪市介護予防・日常生活支援総合事業実施要綱等の制定について」パブコメ募集がされています。
サイトはここです

みなさん、9月23日までに数多くの意見を集中しましょう。 

スポンサーサイト

プロフィール

crecre

Author:crecre
大阪の社会保障のことなら何でもまかせて・・・といえるようになりたいと日々勉強勉強
大好きなものは・・・
着物、旅行、露天風呂、読書、映画、足つぼマッサージ、料理(なんでも作ります。特にパスタははっきりいって、そのへんのイタリアンには負けませんし、時間さえあればピザも生地から、餃子も皮からつくります。煮物も大得意です。最近パンも焼いています)
大好きな人たちとの楽しいおしゃべり+美味しいお料理。
表計算ソフトのエクセル・統計が大好きです。
大切なものは・・・もちろん2人の息子、そして三匹のにゃんず。
性格は・・・非常に前向き、後ろは殆ど振り向きません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー&アーカイブ(Tree)

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

+ アーカイブ
 

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク