1012345678910111213141516171819202122232425262728293012

介護保険からの「卒業」って、なんなん?大東市の真実を検証する「11.17現地調査」にご参加ください。

来る11月17日に大東市介護保険総合事業問題現地調査を実施します。
2017年11月17日大東市介護保険現地調査団」のページも立ち上げましたのでぜひご参加ください。

チラシはこちらです
どなたでもご参加できます。

調査団実行委員長の新井康友先生(佛教大学社会福祉学部准教授)より
みなさんへの「参加の呼びかけ」が届きましたので掲載します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

大東市介護保険問題は、大東市民だけの問題だけではない。ぜひ、あなたもご参加を。

10月末の衆議院議員総選挙の結果は結果として置いておいたとしても、
選挙期間中に各政党から介護問題について全く語られなかったことが残念でした。
そして選挙が終わった途端に、財務省は介護報酬のマイナス改定を提案しました。

今回、介護報酬のマイナス改定の槍玉にあがったのは、「訪問介護」と「通所介護」です。
その介護報酬のマイナス改定の理由は、利益率が高い、つまり儲かりすぎということです。
しかし現実は、もしこのまま介護報酬のマイナス改定が行われると、
倒産する介護保険事業所が出てくると思われます。
残念なことに厚生労働省も今回の財務省の提案に前向きに考えているようです。

2000年4月に介護保険制度がスタートしましたが、
誰もが安心できる公的介護保障が実現されるどころか
家族介護の破綻による介護殺人や介護心中が後を絶ちません。
厚生労働省は、このような事件が起きたことを真摯に受け止め、
介護保険制度の改善を図るのではなく、さらなる改悪を推し進めています。

介護保険制度の改悪は、厚生労働省だけに限りません。
2015年4月より要支援者の「介護予防訪問介護」と「介護予防通所介護」が
市町村事業である「介護予防・日常生活支援総合事業(以下、総合事業)」へ移行されました(完全移行は2017年4月)。
そのため、市町村ごとで総合事業の内容が決められることになりました。

各市町村が切磋琢磨して、高齢者の介護保障に取り組むことを期待したいところですが、
市町村が率先して介護保険制度から高齢者を排除している実態が漏れ伝わってきています。
その代表格が大阪府大東市(人口12.2万人、高齢化率26%、高齢者約3.2万人)です。
大東市は、2017年5月26日に成立した「地域包括ケアシステム強化のための介護保険法等の一部を改正する法律」で打ち出された「介護予防・重度化防止のための保険者機能強化」の先進例として紹介されています。

大東市の総合事業は完全移行の前年である2016年4月より実施されました。
そして、2017年7月19日に放送されたNHKの「クローズアップ現代」でも
「もっともうまくいっている自治体」として大東市が紹介されました。
そして放送では、大東市は2016年度の介護給付費を約1億2千万円の削減、
2017年度は約2億4千万円の削減見込みと紹介されました。
介護給付費だけをみると、うまくいっているように見える自治体ですが、
本当にうまくいっているのでしょうか?

大東市にある介護保険事業所からは、
介護保険制度からの「自立」「卒業」という名のもとで、大変なことが起きていると聞いています。
NHKの放送でも取り上げられましたが、
デイサービスからの「卒業」(強制的な打ち切り)で行き場を失い、孤立する人や、
週1回の通所リハビリテーションの利用が認められず、閉じこもり生活になって病状が悪化し、
わずか半年で要支援1から要介護5まで重度化した具体例も報告されています。
これは顕在化した事例に過ぎず、まだ明らかになっていない被害もあるかもしれません。

今回、「大阪社保協 大東市介護保険問題現地調査団」は、
大東市が売り出している「元気でまっせ体操」などの総合事業を全面的に否定するのではなく、
大東市による良い取り組みについては称賛するつもりです。

しかし、大東市が改めるべき内容には妥協を許さず、改善を求める運動に取り組みます。
そして調査団としては、大東市が誤りを認め、総括し、明確に路線転換しない限り
過ちは繰り返されると考えています。

大東市介護保険問題は、大東市民だけの問題だけではなく、大阪府下の市町村にも影響しますし、
さらには全国にも影響は拡大します。
そのため、11月17日(金)に行われる「大東市介護保険総合事業現地調査」には、大東市民だけでなく、
多くの方に参加して頂きたいと思います。
ぜひ、あなたもご参加ください。

実行委員長 新井康友(佛教大学 社会福祉学部)

★11.17大東市介護保険総合事業現地調査スケジュール

10:30  大東市民会館集合
       調査団学習・意思統一集会
       ①NHKクローズアップ現代DVD鑑賞
       ②当事者の訴え(ビデオメッセージ、手紙など)
       ③大東市現地の説明
       ④介護保険改定との関係での大東方式の問題点
       ⑤調査団活動の説明

12:00  昼食・移動

午後    現地調査 基本は 午後1:00~3:00
       ①介護事業所訪問・聞き取り調査
        現地で事業所への事前にチラシ・アンケートを届けておき、当日回収し、できれば対話する可能であれば見学も 
       ②NPO、集いの場(元気でまっせ体操)訪問・見学
       ③大東市出前講座~介護保険・介護予防と元気でまっせ体操
       ④現地市民相談会
15:00 大東市役所前 集会・アピール行動
16:00 総括集会
17:00 終了・解散
スポンサーサイト

プロフィール

crecre

Author:crecre
大阪の社会保障のことなら何でもまかせて・・・といえるようになりたいと日々勉強勉強
大好きなものは・・・
着物、旅行、露天風呂、読書、映画、足つぼマッサージ、料理(なんでも作ります。特にパスタははっきりいって、そのへんのイタリアンには負けませんし、時間さえあればピザも生地から、餃子も皮からつくります。煮物も大得意です。最近パンも焼いています)
大好きな人たちとの楽しいおしゃべり+美味しいお料理。
表計算ソフトのエクセル・統計が大好きです。
大切なものは・・・もちろん2人の息子、そして三匹のにゃんず。
性格は・・・非常に前向き、後ろは殆ど振り向きません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー&アーカイブ(Tree)

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

+ アーカイブ
 

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク