FC2ブログ
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

診療報酬改定の要点

私の好きなサイトキャリアブレインhttp://www.cabrain.net/news/index.do
「2008年診療報酬改定の要点」という記事をアップしている。

非常によくまとまっているので以下転載する。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

08年度診療報酬改定の要点

 2008年4月の診療報酬改定に向けた本格的な議論が中央社会保険医療協議会(中医協)基本問題小委員会(会長=土田武史・早稲田大商学部教授)で進んでいる。厚生労働省は次期診療報酬改定の検討項目を10月から週2回のペースで審議し、既に検討項目の9割を消化。最終局面を迎えている次期診療報酬改定の要点を整理した


 これまでの審議を振り返ると、厚労省は8月8日に次期診療報酬改定に向けた検討項目の柱を示した。
 その後、9月19日の中医協総会で19の検討項目を挙げ、これらを10月~11月にかけて審議することになった。

 当初のスケジュールで10月に審議を予定していたのは、①入院医療の評価、②産科医療、小児医療、救急医療に関する評価、③がん対策の推進、④心の問題への対応、⑤後期高齢者医療の診療報酬、⑥後発医薬品促進のための環境整備、⑦患者の視点の重視、⑧訪問看護に関する評価の在り方、⑨検査・処置などの医療技術に関する評価――の9項目。

 11月は、⑩勤務医の負担削減策、⑪初診料・再診料などの外来医療の評価、⑫地域における医療機関の機能分化と連携の推進、⑬有床診療所の評価、⑭リハビリテーションの評価、⑮歯科診療報酬の見直し、⑯調剤報酬の見直し、⑰手術、麻酔、病理などの医療技術の評価、⑱DPCの在り方、⑲精神医療に関する評価――の10項目。

 以下、これまでの審議の要点を①~⑲の項目順に整理し、3回に分けてお伝えする。なお、実際の審議は当初の予定と前後している項目もある。

1.入院医療の評価

(1)7対1入院基本料

 7対1入院基本料への看護必要度の導入は継続審議となった。厚労省は看護必要度について再調査を実施し、急性期病院の一般病棟で実施されている治療(がんの化学療法や放射線治療)などを考慮した新しい基準(看護必要度)の導入を再提案する。(10月3日・中医協基本問題小委)

(2)入院時医学管理加算の見直し

 厚労省は、十分な医師の人員配置、設備などを備えた病院を診療報酬で評価する方針を示したが、反対意見があり継続審議となった。 (11月2日・中医協基本問題小委)

(3)特殊疾患療養病棟入院料

 2008年3月末で廃止される一般病床と精神病床の「特殊疾患療養病棟入院料および管理料」の算定を継続することを提案した。同入院料の対象患者から「脳出血」や「脳梗塞」「認知症」などを除外し、本来の対象である神経難病などに限定する方向で検討する。脳出血や脳梗塞の患者は療養病床などへ移行を促す方針。
 また、既に廃止された療養病床での同入院料の算定について、手厚い看護配置の病棟に入院している患者に対する経過措置(2008年3月末まで)をさらに延長することを提案した。(11月7日・中医協基本問題小委)

2.産科医療、小児医療、救急医療に関する評価

(1)産科医療

 低出生体重児や高齢出産に伴う危険性の高い分娩が増えているため、「ハイリスク分娩管理加算」の対象疾患を前置胎盤や心臓疾患等の合併妊娠などを加えることで合意。分娩のストレスに胎児が耐えられるかどうかを調べる「ノンストレステスト」(NST)などの検査の対象患者が「ハイリスク分娩管理加算」の算定対象と一致していないため、両者に整合性を持たせる方向も固まった。
 また、緊急の母体搬送の受け入れが円滑に行われるよう、診療報酬で評価する。委員から賛成意見が相次いだが、「診療報酬だけでは対応できない」との指摘もあった。(10月5日・中医協基本問題小委)

(2)小児医療

 こども病院など地域で最先端の小児医療を提供する医療機関が赤字であることや、小児科医の不足などに対応するため厚労省は、診療報酬の施設基準以上の人員を配置し、特に手厚い体制が取られている小児の専門的な医療機関を手厚く評価する方針を提案したが、委員から異論が出たため継続審議となった。(10月3日・中医協基本問題小委)

(3)救急医療

 急性期脳卒中に対応する体制を評価する方向でまとまった。厚労省によると、日本人の死因の第3位が脳卒中であり、その脳卒中の死因の約60%を脳梗塞が占めている。急性脳梗塞の患者は、病院に到着後1時間程度で血栓溶解剤アルテプラーゼ(t-PA)を投与する必要があるとされており、24時間画像診断や緊急手術、集中治療が行える高い病院機能の必要性を考慮した。

 このほか、医療安全対策として、臨床工学士の配置の評価、病棟薬剤師の重点化、集中治療室やハイケアユニットなどの充実を提案。病棟における薬剤師は、重篤な副作用が発現しやすい薬剤を使用する患者に重点化し、集中治療室、ハイケアユニットなども充実させる。「医療安全対策加算」の見直しについては意見がまとまらなかった。(10月19日・中医協基本問題小委)

3.がん対策の推進

 放射線療法や化学療法の「外来シフト」を進める。医師、看護師、薬剤師の配置や質の高い外来化学療法を推進していくために必要な人材を配置している医療機関などの評価を引き上げる。このほか、リンパ浮腫については、術後適切な時期から患者への防止策の指導を評価することを提案した。(10月5日・中医協基本問題小委)

4.心の問題への対応

 社会問題化している自殺に歯止めをかけるため、うつ病などが疑われる患者を内科医などが精神科に紹介した場合、診療報酬で評価する。また、自殺未遂などで救急医療を受ける患者へのカウンセリングについて診療報酬の在り方を話し合う方向も示した。
 紹介については、「専門医を紹介するのは主治医の役目であり、特別な評価が必要か」との意見もあり、継続審議となった。(10月19日・中医協基本問題小委)

 また、心に問題のある子どもに対する外来の診療では親子をそれぞれ面接するケースも多く、診療が通常より長時間になることが多いため、診察時間に応じて診療報酬を引き上げる方針を示したが、「診療時間に時間がかかったから良い医療とは限らない」との意見もあり、継続審議となった。(10月19日・中医協基本問題小委)

・・・・・

 厚生労働省は次期診療報酬改定の検討項目を10月から週2回のペースで審議し、当初予定していた検討項目の9割を審議した。後期高齢者医療の診療報酬についても大枠が固まってきたが、「主治医」をめぐる議論は錯綜している


5.後期高齢者医療の診療報酬

 厚労省は、外来医療、入院医療、在宅医療、終末期医療――の4項目に分けて提案している。

(1)外来医療
 
「フリーアクセスを制限する」といった批判が相次いだ「主治医」について、現段階では人頭払い制の導入や登録制などは示していない。主治医について厚労省は、患者の病歴や薬歴などを総合的に把握し、継続的に診療を提供する役割などを提案。診療報酬上は、1カ月当たりの包括評価にする方向を提示した。

 また、これまで年齢にかかわらず同じに設定されてきた初診料(270点)の点数を後期高齢者については引き上げ、既往歴などを把握しやすくすることを提案。さらに、再診料(病院57点、診療所71点)を引き下げる代わりに「継続的な医学管理」を評価することで、長期治療の経過観察などの実施を促す方針も示した。

 厚労省は、この日の提案をもとに主治医の要件を具体化したい考えだが、一連の方向性に対して日本医師会が反発したため、結論は出なかった。
 保険局の原徳壽医療課長は将来的な構想として、「昔の外総診(老人慢性疾患外来総合診療料)みたいにしたい。主治医が複数になる場合は“早い者勝ち”になるが、そこはIT化で解決すべき」と話している。(11月2日・中医協基本問題小委)

(2)入院医療

 退院後を見越した診療計画の策定や関係者の情報共有への評価を手厚くする。高齢者の「主治医」と受け入れ先の医療機関、薬局、訪問看護ステーションなどの連携を強化し、入院初期の段階から計画的な退院調整を進める。
 具体的には、「地域連携退院時共同指導料」には医師、看護師に加え、歯科医師、薬剤師が共同指導に参加した場合も評価する。また、共同指導のようなカンファレンス以外の取り組みによる情報共有を促すため、情報提供料の評価も見直す。(10月12日・中医協基本問題小委)

 また、在宅療養している患者の病状が急変し、医師の求めに応じて入院させた場合を評価するほか、主治医などが中心となって在宅患者の情報を集約し、あらかじめ決めた後方支援病院に円滑に入院させたことなどを要件に診療報酬で評価する。
 具体的には、カンファレンスなどにかかる費用について診療報酬で評価するほか、「在宅患者応急入院診療加算」(650点)を引き上げる。(10月26日・中医協基本問題小委)

(3)在宅医療

 在宅療養している高齢者を支える訪問看護師や訪問看護ステーションの役割を診療報酬で十分に評価する。
 また、在宅患者を訪問して服薬管理をする「訪問薬剤師」や、在宅患者の口内管理や健康に関する情報を主治医らに提供する「在宅歯科診療」も評価する。
 具体的には、月4回(がんの末期患者などの場合は週2回かつ月8回)に制限されている「在宅患者訪問薬剤管理指導料」の回数制限を見直すほか、「歯周疾患指導管理料」「歯科訪問診療料」「診療情報提供料」の点数を見直す。(10月26日・中医協基本問題小委)

(4)終末期医療

 患者本人があらかじめ示した意思を「書面」にまとめ、本人の意思を確認できない場合には関係者が話し合って「書面」にまとめた場合に評価する。また、死期が迫っている患者の家族らに対する電話対応や訪問看護などを評価する。
 疼痛緩和ケアについては、麻薬の管理や服薬指導などの評価だけでなく、「療養上必要な指導」を評価する。評価の対象となる緩和ケアは「入院、外来、在宅」を問わない。(10月26日・中医協基本問題小委)

 また、がん患者の痛みを緩和する「医療用麻薬」について、保険医療機関の医師が処方した場合には老健施設などで医療用麻薬を出来高算定できるようにする。(11月9日・中医協基本問題小委)

6.後発医薬品促進のための環境整備

 後発医薬品への変更を原則とするよう「処方せん様式」を改める。処方せん様式の変更に慎重な対応を求めていた日本医師会も賛成した。
 処方せんを受け取った薬局の薬剤師は患者の同意を得て後発医薬品に切り替えることができる。後発医薬品の一定以上の使用に対して調剤基本料に点数を上乗せする。 (11月9日・中医協基本問題小委)

7.患者の視点の重視

 患者から「明細書」の求めがあった場合、実費徴収を認めつつ発行を義務化する方向で検討する。厚労省は明細書の発行を段階的に義務化する方針で、既にレセプトオンライン請求を実施している400床以上の病院については、2008年4月からの義務化を目指す。今後、中医協で議論を詰める。(10月17日・中医協基本問題小委)

8.訪問看護に関する評価の在り方

 75歳以上の後期高齢者だけではなく、74歳以下の在宅患者についても訪問看護の役割を十分に評価する。
 具体的には、「24時間連絡体制加算(1カ月2,500円)」の点数を大きく引き上げる。また、「訪問看護基本療養費」と「訪問看護管理療養費」について見直す。(10月26日・中医協基本問題小委)

 74歳以下の在宅患者への訪問看護を75歳以上と同等に評価する方針は11月9日の同委員会で提案し、了承された。
(11月9日・中医協基本問題小委)

9.検査・処置などの医療技術に関する評価

(1)検査

 胸部のX線撮影やCT・MRIなどの撮影画像を印刷せずにモニターを見て診断する「フィルムレス化」を進めるため、「フィルムレスによる画像診断」を診療報酬で評価し、従来の「デジタル映像化処理加算」を廃止する。
 また、画像診断医の過重な負担を軽減するため、「画像診断を専ら担当する常勤の医師」「文書による報告」といった要件を見直し、診断結果を正確に報告する体制などを評価する。
(10月31日・中医協基本問題小委)

 一方、検体検査について厚労省は、入院患者の病状の変化に合わせた速やかな検査を促進するため、「迅速に検査を行う体制」と「検査を24時間実施できる体制」を重点的に評価する。
 具体的には、「時間外緊急院内検査加算」(110点)、「外来迅検体検査加算」(各項目1点)の点数を引き上げる。受託業者が院内で検査を実施する「ブランチラボ」でも、医療機関が直接実施する場合と同様の体制であれば評価する。また、「微生物学的検査判断料」(150点)の点数を引き上げる。(11月16日・中医協基本問題小委)

(2)処置

湿布や点眼など医師でなくても行える処置の点数を外来の基本診療料(初再診料)に包括化する。包括化される処置は、「皮膚が赤くなる程度の熱傷で狭い範囲のもの」「狭い範囲の軟膏塗布」「点眼、洗眼、片眼帯」「湿布の貼付」――など。(10月31日・中医協基本問題小委)

スポンサーサイト



コメントの投稿

secret

COMMENT

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

crecre

Author:crecre
大阪の社会保障のことなら何でもまかせて・・・といえるようになりたいと日々勉強勉強
大好きなものは・・・
着物、旅行、露天風呂、読書、映画、足つぼマッサージ、料理(なんでも作ります。特にパスタははっきりいって、そのへんのイタリアンには負けませんし、時間さえあればピザも生地から、餃子も皮からつくります。煮物も大得意です。最近パンも焼いています)
大好きな人たちとの楽しいおしゃべり+美味しいお料理。
表計算ソフトのエクセル・統計が大好きです。
大切なものは・・・もちろん2人の息子、そして三匹のにゃんず。
性格は・・・非常に前向き、後ろは殆ど振り向きません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー&アーカイブ(Tree)

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

+ アーカイブ
 

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク