FC2ブログ
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

何のための自治体なのか?

今日の午後は
茨木市と茨木社保協の社会保障要望についての懇談(という名の交渉)に参加した。

一言でいうと
非常に頭にきた交渉だった。

今日の要望内容は、
医療、障害者福祉、こども施策、介護保険、国民健康保険、国民健康保険など
様々な問題での要望が出され、
茨木市は独自にどういった行政をするのか
具体的に施策を作るのか、
予算等をつけるのか、
といったものを明らかにする交渉であったわけだが、

結論からいうと、
茨木市は何もしない、
国、大阪府に要望するということだけ

おまけに、
敬老祝い金については、「他市がやっていないからやめる」という。
じゃあ他市がやっていることをやるのかと言えば、何もやらない。

他市がいま高齢者等の外出支援などで取り組んでいる
市内循環バス(100円バスという名で実施していたり、大阪市は赤バスという名で実施)については、
「既存バス路線の廃止、変更等民間事業者を圧迫する」するから出来ないというのだ。

それで、
私が頭にきているのは、
茨木市が財政困難で汲々としている自治体ならまだしも、
非常に豊かな自治体であり、
市の普通会計は毎年黒字で
おまけに介護保険や国民健康保険という特別会計も毎年大きく黒字を出している自治体だからだ。

茨木市は確か今年は地方交付税の不交付団体のはず。
財政力指数(ざいせいりょくしすう)とは、地方公共団体の財政力を示す指標として用いられるもので、
基準財政収入額を基準財政需要額で除した数値の、通常は過去3カ年の平均値を指す。
この財政力指数が1以上だと交付税が不交付になる。

つまり、国の助けがいらない自治体ということであり、
茨木市の財政力指数は大阪でもトップクラスなのだ。

全国の市町村の決算状況は
総務省の決算カードのサイトで見ることができる。

平成17年度の茨木市の普通会計の決算は
実質収支は7.6億円の黒字で
積立金計上後も4億円ほどの黒字だ。

やれないのではなく
やらないのだ。

茨木市財政の特徴は以下。

・きわめて健全な財政
・財政力指数    0.99(2005年度)・・1に近いほど、1を超えるほど財政力がある。
・経常収支比率   87.9(2004年度)
・歳入では自主財源(地方税、分担金、負担金など条例等に基づき賦課徴収した歳入)比率が 高い。
・歳出では普通建設事業費率が高い。  

一体何のために住民は税金を納めているのか?

医療・福祉、社会保障に使わないで
なにやっているんだ?

怒りでいっぱいになった。
スポンサーサイト



コメントの投稿

secret

COMMENT

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

crecre

Author:crecre
大阪の社会保障のことなら何でもまかせて・・・といえるようになりたいと日々勉強勉強
大好きなものは・・・
着物、旅行、露天風呂、読書、映画、足つぼマッサージ、料理(なんでも作ります。特にパスタははっきりいって、そのへんのイタリアンには負けませんし、時間さえあればピザも生地から、餃子も皮からつくります。煮物も大得意です。最近パンも焼いています)
大好きな人たちとの楽しいおしゃべり+美味しいお料理。
表計算ソフトのエクセル・統計が大好きです。
大切なものは・・・もちろん2人の息子、そして三匹のにゃんず。
性格は・・・非常に前向き、後ろは殆ど振り向きません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー&アーカイブ(Tree)

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

+ アーカイブ
 

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク