FC2ブログ
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

大阪市で「夫婦」で世帯分離できました

午前中
大阪市在住の方から電話があり

「区役所に行って世帯分離をしようとしたら、
夫婦は世帯分離できないと頭から言われ、
夫婦は一緒に住んで生計を1つにしているものだ、そのはずだ。
離婚か別居しない限りできない、
大阪市の要綱にもそう書いてあると一方的に言われた。
じゃあ要綱を見せてくれといったら、みせられないといわれた。
納得できない」

という電話がありました。

詳しく聞くと、
ずっとお財布は別に暮らして来たそうです。
それなのに、お父さんの年金がわずかで、
年金の多い奥さんの所得が合算されて
介護保険料などが高くなるのが納得できないとのこと。

ごもっとも。

介護保険料も後期高齢者保険料も
高齢者一人ひとりの保険料のはずなのに
介護保険料は保険料そのものの算定時に
世帯課税か非課税かで決まるし、
後期高齢者医療保険料も
保険料算定時には個人の所得で判定するのに、
低所得者への均等割の政令軽減の際に世帯主の所得を合算します。

いずれもとても理不尽な制度なのです。

世帯の要件は
居住と生計を一にしていること。
これだけ。

だから居住と生計のどちらかが一緒でなければ分離できます。

夫婦であるかどうかなどは、
住民基本台帳のどこにもかかれていないません。

そこで、

「生計が別との実態があるならば、世帯分離できます。
区役所に行って、世帯分離届を書いて出してください。
理由を聞かれたら、生計が別だからといってください。
届けを受付ないということがもしあったら、
行政手続法第37条に基づき届けを提出します、といって渡してください。
届けを役所は拒否できません。
要綱は、あくまで役所の内部のきめごとで、法律ではありません。
みせてくれないというのなら、
情報公開条例でとることができます。」

とアドバイス。

そして、夕方電話がありました。

「区役所にまた行って、
時間がかかりましたが、
届けをだします、
理由は生計が別だから、ということだけで、世帯分離できました。
相談じゃなくて、
届けをだすということで行ったら、いけました。
でも、
午前中の職員の人にはすごいひどいことをいわれて、
午後の人はだめとはいわなかった。
役所っていったいどうなっているんですか」

残念ながら、多分日本中の役所はこんな具合です。

でもくじけずに真正面からご自分の主張をしてください。

世帯分離は

居住と生計、どちらかが一でなければ(一緒でなければ)、
法律上できます。

結婚しているしていないは関係ありません。

要は
実態です。


スポンサーサイト



コメントの投稿

secret

COMMENT

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

crecre

Author:crecre
大阪の社会保障のことなら何でもまかせて・・・といえるようになりたいと日々勉強勉強
大好きなものは・・・
着物、旅行、露天風呂、読書、映画、足つぼマッサージ、料理(なんでも作ります。特にパスタははっきりいって、そのへんのイタリアンには負けませんし、時間さえあればピザも生地から、餃子も皮からつくります。煮物も大得意です。最近パンも焼いています)
大好きな人たちとの楽しいおしゃべり+美味しいお料理。
表計算ソフトのエクセル・統計が大好きです。
大切なものは・・・もちろん2人の息子、そして三匹のにゃんず。
性格は・・・非常に前向き、後ろは殆ど振り向きません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー&アーカイブ(Tree)

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

+ アーカイブ
 

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク